アクセス

ご予約・お問い合わせ
専用ダイヤル
047-480-0008
(こちらの番号にセールス等のお電話はご遠慮ください)

受付:月~土曜日 10:00~17:00

営業時間:9:30~19:00
定休日:日曜・祝日

〒276-0049
千葉県八千代市緑が丘1-2-19
SKマンション202MAP

HOME > Blog > 【ラブーケ】 > ステイホームしているわけにいかない方を応援します <営業する理由>

Blog

< ボリュームコントロールのストレートパーマ  |  一覧へ戻る

ステイホームしているわけにいかない方を応援します <営業する理由>

出来る事ならステイホームしていたいけど、そうはいかない人たちがたくさん働いています。
社会の為に日々出勤する女性たちも沢山いらっしゃいます。
緊急事態宣言下でも予約を頂きご来店下さる方の多くはやはりそうした方々です。
感染するかもしれない不安の中、日々出勤していく女性たちに敬意を表します。

病院、薬局、スーパー、コンビニ、介護施設、保育施設、役所、清掃、運送などなど、おおくの方々が最前線で社会のために働かれています。

残念なことに、医療従事者などを自分への感染が怖いと差別視する人たちがいます。そうした自分のことしか考えないあさはかな人を軽蔑します。


日々出勤していかなければならない働く女性達に少しでも役立つには何ができるのか。
厳しい状況でも、そうした方々からの予約に応える事、ひと時でも安心できる環境でリラックスしてお過ごしいただくことと考えています。「本当に営業していてくれて助かります」と、ありがたいお言葉を多くの方々から頂きます。


また、せめてもの感謝の気持ちを込めて、以下のものをご用意し無料配布することとしました。

・携帯用消毒エタノールスプレー
・使い捨てマスク
・ラテックスゴム手袋

手を尽くして入手し、入手できる限り、ご来店の方に上記3点セットを差し上げています。


最前線で働く女性が日々髪のことで悩まずに過ごせて、少しでも働く活力が出る一助になれるように

ラブーケは覚悟を決めて営業します。



カテゴリ:

< ボリュームコントロールのストレートパーマ  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

いつもありがとうございます。

ヘアサロンラブーケ店長の菅原です。

ブログを読んでいただいてありがとうございます。

ラブーケの店長として6年目の今、

ここまでの道のりは大変でもあり、

とても充実感もあり、

思い返すとあっという間でした。


最近、お客様からラブーケについて生の声を聴かせていただく機会がたくさんありました。


「ラブーケの雰囲気が好き」

「癒されます」

「ふと日常を忘れてしまうほど」

「今いるスタッフがgood!」


こんなお言葉をたくさん頂いて、

あらためて

このお店が存在していることが、多くのお客様にとって

また私たちスタッフにとって、

「素晴らしいことなんだ」と感動しています。


これからも ずーっと愛されるお店であるために

スタッフ一同、真摯に努めて参ります。



「永く通えるお気に入りのサロンであり続けるために・・・」です。


菅原早苗


自分に合う美容室をいろいろ探して、ラブーケに来ていただきました。

ヘアサロン ラブーケの菅原です。


実は美容室が苦手というご新規のお客様でした。

苦手だから半年に一度ペースとのこと。


半年前にかけたデジタルパーマ以来、久しぶりの美容室だそうです。


できれば美容室では頭皮も髪も綺麗になってスッキリしてリラックスして過ごしたい・・・

そんな思いで探していただいて選んでいただいたそうです。


長年通われていたサロンの担当の女性スタイリストさんが突然やめられて、その後、同じサロン内で毎回担当者が違う人に・・・・

どうも、スタイルも思い通りにいかなくて悩まれていたそうです。



物静かな性格でゆったりしたいのに、考えてみると通っているサロンは、音楽はアップテンポ、スタッフは若くにぎやか。

「自分はそういう雰囲気は苦手なのになんで通うのかな」(?_?)

あるとき突然そう思ったそうです。



ネットでいろいろと調べたそうです。

佐倉市の方なのでかなり調べたのでしょうね。



女性専用

女性スタッフだけ

入り口からのアプローチ

インテリアの雰囲気

音楽

接客対応

全てがイイ!と褒めて頂きました。

とても嬉しかったです。


ヘッドスパを堪能したかったそうですが、気持ちよすぎて寝てしまって残念がられてました (^_-)-☆



まさに、ラブーケはそんな方々にご満足いただくことをコンセプトに徹底してこだわっているサロンです。

少々遠いので、まめに来られるのは大変でしょうが、今後ともぜひよろしくお願いしたします。

菅原早苗


このページのトップへ